BUSINESS

Microsoft関連システム 導入支援事業

Microsoft関連システム(SCCMやActiveDirectory等)
システム導入と構築を支援します

SCCM(System Center Configuration Manager)やActiveDirectoryを中心としたMicrosoft関連システムのIT技術支援により、企業のガバナンス強化、システム担当者の業務負担の軽減、管理の一元化をバックアップします。

実現できること

  • 業務における工数を大幅に削減できます

    IT資産管理やセキュリティパッチ配布(計画から適用)、セキュリティポリシーの適用など、業務において工数を要する作業を大幅に効率化します。

  • ITトレンドに合わせたレベルアップが可能です

    絶え間なく更新されるバージョンに対して、レベルアップやバージョンアップのタイミングの選定などを対応していきます。

  • 社内ネットワークやインフラの負荷を軽減できます

    アップデートの際に、パソコン個別にインターネット上の更新データを受信するよりも、一元管理をすることにより安全性と負荷軽減が見込めます。

具体的な対応内容について

  • クライアントPC構成の設計と管理

    パソコンの細部にわたって、利便性とセキュリティを考慮した設計を行います。また、「ActiveDirectoryグループポリシー」+「ローカルポリシー」+「PCイメージ」を統合して作成していきます。

  • ソフトウェア/セキュリティパッチの効率的な配布設計

    SCCM(System Center Configuration Manager)やWSUSを用いて、管理者主導でのソフトウェア/セキュリティパッチ適用を行います。

    • 一部の担当向けに先行配布を行い、システム動作確認を経て全社展開。
    • 一般ユーザーに管理者権限を与えずに展開。

対象となる企業様

対象となる企業
  • Microsoft関連システムの導入にお悩みの方
  • SCCM(System Center Configuration Manager)ActiveDirectoryをうまく運用できていない方
  • SCCM(System Center Configuration Manager)ActiveDirectoryの導入を検討している方
  • ユーザまたはパソコンのID管理を外部に委託したいと考えている方
部署/部門
  • 情報システム担当者
  • インフラ担当者

よくある質問

既にWindowsのサポートが切れているのですが、対応いただくことは可能ですか?
セキュリティレベルの維持という意味では、基本的にはサポート切れのWindowsOSのご利用は推奨していません。ご要望に応じて、できる限りの対応は実施しておりますのでご相談ください。
一部MacOSを使用しているスタッフがいるのですが、サポートいただくことは可能ですか?
対応可能です。MacOSの一元管理(Jamf等)についても実績がありますので、企業様のガバナンスに沿ったサポートおよび管理をご提供いたします。
必ず継続契約が必要なのですか?(単発での支援は可能ですか?)
効率化や安定した運用の実現の為には継続契約を推奨しております。必要に応じて一時的なご支援ももちろん対応可能ではございますのでご相談ください。

お問い合わせ

Microsoft関連システム導入についての
ご相談はこちらよりお願いします